《『代理店経営の羅針盤』連載コラム名と執筆者のご挨拶》

栗山 泰史 氏 [日本創倫(株) 相談役 (Executive Adviser) / 日本代協アドバイザー ]

連載コラム :保険に向ける眼(まなざし)(その1)・・・ご挨拶

「フィデューシャリー・デューティー」から「顧客本位の業務運営」へ

日本創倫株式会社が発行する新しいメルマガが始まりました。
これに「保険に向ける眼(まなざし)」というタイトルで連載します。これまでも、同社のメルマガに「保険のアンカー」と題し、考えること、思うことを書いてきました。でも、それは無料のメルマガでした。
今回の新しいメルマガは、「有料」です。しかも、読者を代理店の経営層、しかも個人宛に特定するとのことです。個人宛の有料ということになれば、じっくりと読まれます。決して気楽には書けません。「心してかからねば」というのが率直な気持ちです。
この連載では、経営のノウハウや保険セールスのテクニックのような技術的なテーマは取り上げません。保険に関する制度や行政の施策の本質や背景、狙いを浮き彫りにする内容にしようと思います。日々の仕事にはあまり役立ちそうにありませんが、読者の皆さまに保険について深く考えて頂く材料を提供できればと思っています。
「保険に向ける眼(まなざし)」というタイトルは、そのような意味で名付けました。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

〜 以下、本文は10月配信 〜

◎お申込みは、当社ホームページから 👉 https://nippon-sourin.co.jp/premiun_mm/