生命保険の始まりをご存知ですか?
諸説ありますが、歴史的に知られる生命保険の最も古いルーツとしては、17世紀のイギリスで始まった葬儀費用の積立制度だと言われています。

《何のために生命保険に入るのでしょうか?》
生命保険の契約をする主な理由としては、次のようなことがあります。

<葬儀費用等に使ってほしい>
人はいつ亡くなるのか予測できません。
亡くなると通夜、葬儀と待ったなしにいろんな手続きが発生し、まとまったお金が必要になります。
一般的に葬儀費用は、葬儀終了後に喪主が葬儀社に支払いをします。
支払期限は、葬儀社によって異なりますが、多くは「葬儀終了後、1週間以内」となっているようです。
また、生命保険なら受取人が請求してから数日で振込まれるものが多くあります。

<お金を特定の人に渡したい>
「生命保険はお金の遺言」とも言われています。
受取人を指定することによって、被保険者に万が一のことがあれば、その受取人に生命保険金を渡すことができます。
(※受取人の指定は保険会社によって制限される範囲が異なります。)
受取人指定のある生命保険金は、遺産分割協議(財産を分ける話し合い)をするための相続財産の中には、原則含まれませんので、
渡したい人に渡せるお金となります。

《生命保険を考えるタイミングとは❓》
生命保険は、ライフプランとともに何のお金(保険金)が必要か、その金額も変わってきます。
では、どんな時に考えるのか、
以下のようなタイミングの時に考えることが多いのではないでしょうか。

0)子どもが生まれた(0才)とき、
1)結婚したとき、
2)子どもが生まれたとき、
3)住宅ローンを組んだとき、
4)子どもが独立したとき、
5)離婚したとき、
6)再婚したとき、
7)受取人が亡くなったとき.
8)相続税の対策、
など。

いろいろな目的で、生命保険を検討される方もいらっしゃると思います。

生命保険は、人生の中で長い期間付き合っていくものです。
人生のターニングポイントには、その時々に必要となる金銭を生命保険金として保障されることにより安心した人生を送ることができます。
その時に必要となる金銭(保険金額)を見直すことが大切です。

「誰のために」「何のために」生命保険に入るのか、また入っているのか、を明確にし、長い期間寄り添ってくれ、相談できる、また信頼できる保険の専業プロである保険代理店を見つけることが安心できる人生を過ごすためには重要です。